リボ払いは本当に借金地獄の始まりなのか?

「リボ払いは借金地獄の入り口!」など聞いた事ありませんか?
リボ払いで借金地獄に陥っている人の典型的なパターンはリボ払いの利点に溺れてしまっている
と言う事。では一体リボって何なのか?

リボ払いって何?

リボ払いという言葉については誰しも一度は聞いた事があるかと思います。
リボ払いはクレジットカードや消費者金融などのキャッシングでの返済方法の一つで
毎月決められた一定額を返済していく返済方法です。決められた最少額(ミニマムペイメント)の
支払いをすれば当月の返済がOK!となる返済方式です。比較的小額の返済で良いため
お金が足りない時に最少額の返済で済むという利点があります。

どうして借金地獄の始まりと言われるのか?

とても便利な返済方法なのに借金地獄になるのはどうしてなのでしょう…
おそらくですが、実際に借金地獄になっている方は一部の方でしょう。
これだけ利用者が多いリボ払いですので、すべての人が借金地獄になるわけではありません。
リボ払いの利点を間違って利用した方が借金地獄になります。

下記項目に当てはまる人は借金地獄になりやすいので確認してみましょう。

  • 返済できるのにミニマムペイメントで返済している
  • 残高がいくらかわからない
  • 月々の返済額がアップしている
  • 返済日に遅れた事がある

返済できるのにミニマムペイメントで返済している

毎月の返済をミニマムペイメント(最少額)で支払う事はお金が無いときなどとても
メリットなのですが、お金に余裕がある場合はなるべく多く返済する事をおすすめします。
ミニマムペイメントでの支払いは確かに便利ですが、最少額を返済しているわけですので
元金が減っていきません。返済金額の中には元金の返済に充当される額と利息とが含まれています。
そのため、返済額すべてが元金返済に充てられる訳ではないので、返済期間が延びていきます。
返済期間が延びると当然返済額も多くなり、また返済しているので借金が減っていると思って
さらに借入する人もいるので注意が必要です。

残高がいくらかわからない

残高がわからないという方も注意が必要です。分割払いであれば、
借入した金額又はクレジットカードなどで購入した物を何回で返済してしまうかどうかなので、
最終返済までの回数が分かりやすいですね。しかしリボ払いの場合は最初は分かりやすいのですが、
続けて借入しても返済金額が一定のため、残高の管理がしずらいのです。そのため、気がついたら借入限度額まで達して借入出来なくなる所までいく可能性があるんです。限度額までいくと当然すぐに返済出来ない額であったりもしますので、他で借りたりなどして借金が大きくなる傾向があります。

月々の返済額がアップしている

リボ払いの場合、月々の返済額は一定なのですが、借入額によってはミニマムペイメントの額がアップします。
ただし、大きくアップするわけではないので気がつかない人もいるかもしれません。
何が言いたいかというと、いつの間にか返済額がアップしている場合は借入額が増えているということです。

  10万円未満 10万円以上20万円未満 20万円以上30万円未満
A社 3000円 5000円 8000円
B社 2000円 4000円 6000円
C社 3000円 5000円 7000円

A社、B社、C社と紹介しましたが、違いは微妙に返済額が違う事です。
借入金額に応じて最小返済額がUPしているのがわかると思います。
もしも返済額がアップした場合は借入が増えていると判断してください。
続けていると借入額が増加して手がつけれなくなります。

また、違いは消費者金融街金などでも変わるでしょう。

返済日に遅れた事がある

返済日に遅れることは良くない事で、必ず期日通りに返済しましょう。
さて返済に遅れることが直接、借金地獄に繋がるわけではないのですが、
返済日に遅れることのないように管理ができているかどうかを知ることができます。
本当に忘れてて、返済に遅れるという事はあるかもしれませんが、数回など経験がある場合は
気をつけておかないと、借金地獄になる可能性があります。

結果としてリボ払いが借金地獄の始まりになった方もいるかもしれませんが、実際にはリボ払いが
悪いわけではありません。使い方に問題があります。確かにこの返済方法は残高がわかりずらくなったりなど
するので、返済が長引いたり場合によってはほとんど元金が減らなかったりする場合がありますが、
利点を理解して利用することでとても便利な返済方法となります。
上の項目でチェックしたように、借入を把握してある程度計画を立てることで
借金地獄は回避できます。リボ払いは「借金」という認識が薄れ易いので注意して賢く利用しましょう。

もしも借金地獄でどうしようもなくなくなったら

もう借金地獄にはまって身動きとれない状況の場合は弁護士に相談することをおすすめします。
くれぐれも他社で借入しようと考えないようにしてください。さらに借金が膨らみます。
返済できないところまで来ているわけなので、弁護士に相談して債務整理の道を考えましょう。

簡単に説明すると

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

の方法で借金問題を解決します。

任意整理
任意整理は弁護士や司法書士が債権者と交渉して月々の返済額を減額したりなど
してくれます。債務整理と言うとすぐ自己破産と思いがちですが、減額が可能であれば
返済ができる方もいるかと思います。相談しないとわからない事もあるので、
方法を探る意味でも、弁護士さんに相談してみましょう。ちなみに任意整理は
裁判所を通さずに債権者と直接交渉する方法ですので手続きが比較的楽にできるのも特徴です。
個人再生
任意整理とは異なり、裁判所を通して借金の減額をしてもらいます。
債務は5分の1くらいになると言われていますが、再生計画案が裁判所に認められる必要があります。
手続きが複雑なため、弁護士に依頼する方が無難です。

また住宅を所有している場合は住宅を手放さずに手続きが可能ですので家だけは守りたい方などに向いている方法となります。
再生計画案での返済能力があると判断されれば手続きが可能な借金解決方法ですので返済能力が無いと
判断された場合は当然個人再生はできません。
自己破産
説明しなくてもわかると思いますが、裁判所を通して全ての債務をゼロにしてもらう
最終手段です。当然ですがほとんどすべての財産を手放すことになります。

どの方法を選ぶかは弁護士さんと相談して決めましょう。借入額や収入によっては、
上記のような手続きをせずに、生活を改めてムダを捻出するだけで返済できる場合もあります。
どうしようもなくなった場合に状況に応じて手続きの方法を選びましょう。本当の所はどうしようも無くなる前に
対策を考える必要があります。早ければ早いほど選択肢は増えるかと思いますので
もしかしたら返済できなくなる!と思ったときは直ぐに弁護士さんに相談することをオススメします。

参考:借金整理 弁護士

COPYRIGHT© 2014 リボ払いは本当に借金地獄の始まりなのか? All Rights Reserved.